自然栽培・有機栽培で育てたこだわりのお米・野菜を九州熊本からお届けします

★発送開始★【期間限定】自然栽培熊本産生栗(農薬不使用・肥料不使用・無くん蒸)3キロor5キロ

6,200円(税込6,696円)
サイズ
数量:
facebookシェアする twitterつぶやく

★収穫時期限定の自然栽培生栗を冷蔵便にて産地直送★
★出荷期間は【9月中旬から10月下旬頃迄】順次発送となります★

熊本県山都町の山頂付近で育った自然栽培の生栗。自然豊かな山に降った雨と浸透した地下水によって育ち、環境や人に配慮して農薬や除草剤、肥料も使っていない貴重な生栗。
◎3キロ6,200円(税込6,696円)
◎5キロ9,300円(税込10,044円)


阿蘇の外輪山と九州山地に挟まれた自然豊かな山間地で40年近く田んぼでの苗作りにこだわった「山間地米」を栽培する八高さんの生栗。
九州の真ん中に在す弊立神宮の社は、分水嶺に建ち拝殿の屋根の前方に降る雨は緑川と合流し、有明海へ屋根の後方に降る雨は、八高さんの田んぼがある土戸川から五ヶ瀬川となり延岡から太平洋へと注ぎます。知る人ぞ知るパワースポット幣立神宮の水系の田んぼと八高さんの自然栽培栗林が周りを囲む山頂付近で採れた栗。山頂の栗やお米は降った雨や雪が土に沁み込んだ綺麗な水をそのまま利用しています。



【こだわり】


山都町は、阿蘇の外輪山と九州山地に挟まれた自然豊かな山間地。
町のいたるところに湧水が湧いており、休日には、熊本市内や県外から水汲みにくる人がいるほど水が美味しい地域です。そんな地域の山頂付近の栗林なので、栗の木が吸い上げる水はとにかく汚染される事が少なくなります。更に15年以上、農薬・肥料・除草剤不使用!草刈りは大変ですが、そのおかげで、栗の木も元気に育ちとても味に深みがあります。



【商品情報】




【生産地】
熊本県上益城郡山都町



【生産者】
八高 君生



【農薬ついて】
農薬不使用・肥料不使用



【原材料名】
熊本県産生栗



【内容量】
3kgまたは5kg



【生産者情報】


生産者の八高さんは農薬・化学肥料を減らす ことで、「収穫量が減ったとしても、味のいいものを作ることを追求していきたい。」という想いを持つ、仲間と情報交換しながら美味い栗、お米、ブルーベリーの研究を続けている八高さん。田んぼや栗林の管理から害獣予防まで常に行っています。
当店の最初の提携農家さん・八高君生さんと奥さんの一代さんとの出会い
2005年に小島(当時、農家を目指す学生でした)が、「蘇陽町(現・山都町)に、美味しいお米を作る とうわさになっている農家さんがいる。農薬にも頼らない栽培をしている人だよ。紹介しようか?」と親戚に言われ、最初に会ったのが、八高さんの奥さんの一代さんでした。そこで、一代さんと熊本の美味しい農作物を全国にお届けする方法はないものか。と話し合って生まれたのが、当店です。一代さんに、農薬不使用米の園田さんを紹介してもらい、園田さんに有機のエキスパートの東さんを紹介してもらい…また紹介…という感じで徐々に当店で農作物を販売してくれる農家さんが、増えていきました。
2006年に当店がオープンした時は、八高さんの『山菜ボックス』とこの八高さんの『八高米』(現『山間地米』)からスタートしました。



分水嶺に位置する幣立神宮

山の頂上付近で自然の水を利用した八高さんの棚田



※「栗拾いの栗の味」をお届けしたいという思いから、薬による殺虫処理(燻蒸処理)はしていません!
【燻蒸(くんじょう)処理について】
(※ご注文される前に、必ずお読みください。)
スーパーや店頭で売られている生栗のほとんどは、通常、虫や虫の卵を殺してしまう「燻蒸処理(くんじょうしょり)」という虫止めを施してあります。
「燻蒸処理」してある栗の内部の虫や虫の卵は、薬によって殺してあるので、それ以上、虫に食われる心配がありません。
燻蒸処理していない栗は、時間がたつと、虫に食われていきます。それを食い止める保存方法は、「冷蔵か冷凍すること」です。
「燻蒸処理」された栗に比べ、「燻蒸処理していない栗」は格段に!虫が発生しやすいです。
(その代わりに「燻蒸処理」をする際の化学物質には、さらされていません。)
「自然の味の熊本の農作物をお届けしたい。」「身体にやさしいものをお届けしたい。」という、当店のコンセプトに基づき、「無燻蒸」の生栗(熊本産)を、冷蔵便でお届けしています。


【品種について】丹沢または筑波
【丹沢の特徴】
早生の代表品種で、「乙宗(おとむね)」と「大正早生」の交配種です。
1959(昭和34年)に「丹沢」と命名されました。
果皮は淡褐色、サイズは大きいのが特徴です。果実は粉質、甘さは控えめです。
早生の中では、品質がよく、生食・加工共に向いています。

【筑波の特徴】
「岸根(がんね)」と「芳養玉(はやだま)」の交配種です。
1959年(昭和34年)に「筑波」と命名されました。
粉質で香りが良く、甘みが強く、品質が高いのが特徴。
果皮は赤褐色で光沢があり、サイズも大きく、見た目も優れています。
貯蔵性があるので加工用としても使われています。

【栗の保存方法】
■短期保存方法
,鍋たっぷりの水を沸騰直前まで温める。
∧騰しないよう、弱火にし、栗を入れ、
一分間湯がく。
お湯を切り、表面が乾く程度、乾かす。
ぅ優奪箸箏蠅魍けたビニール袋に入れて
冷蔵庫に保存する。

■栗の長期保存方法
ビニール袋に入れ、冷凍庫で保管してください。
食べる時はそのまま茹でて食べてください。

※数に限りがございます。
※代引きはご利用いただけません。銀行前払い、クレジットカード決済をお選びください。